2018年10月18日木曜日

被害者遺族5人の意見陳述が行われた。「母は心不全ではなく、東電に殺されたと思っています」という陳述も…。傍聴席からはすすり泣く声が聴こえたが、3被告は眉ひとつ動かさず無表情。 / (社説)原発事故裁判 運転の資格あったのか / 東電刑事裁判 東電元会長「責任は現場にある」 / 東電元会長「社長は万能ではない」 / 大津波試算「知りません」 勝俣元会長、無罪主張 / 武黒元副社長 津波試算「覚えていない」 元社員の証言と食い違い 津波対策(常務会議事録にある)「了承」さえも否定 「巨大津波もすぐに何かをとは…」 / 武藤元副社長 津波対策“先送り”否定 元部下と真っ向対決 / 2日間の武藤被告の証言は、ナイナイ尽くしだった。報告を受けたこともない、記憶もない、メールもない、認識もない、指示もしていない、その権限もない、津波に関する資料だけは読んでいない…。左陪席が最後に「武藤さん、あなたの職責は何ですか?」と質問した..... / 海渡弁護士「残っている証拠にまで見た記憶がないと言うのは自ら信用性を失った」    



-----------------------------------------


-----------------------




---------------------------
















---------------------------








------------------------------































0 件のコメント: