2019年12月8日日曜日

湘南海岸散歩 鵠沼海岸から七里ガ浜まで 2019-12-08

12月8日(日)、はれ
日曜日で晴天、紅葉は盛り、とくると鎌倉は人で溢れるだろうと予想して、今日は湘南海岸散歩にした。
小田急鵠沼海岸~片瀬西浜~龍口寺~腰越~江ノ電七里ガ浜まで歩いた。
総歩数は1万6千歩。
片瀬西浜までは砂浜を歩いた。

残念ながら富士山は、早朝はクリヤだったようだが、昼前からどんどん霞んできた。

▼鵠沼海岸


▼片瀬西浜

▼鎌倉高校前

▼七里ガ浜駅(行合橋)

12月6日(金)、くもり
同期のSさん、Nさんと大船で昼呑み忘年会。
黒霧ボトル2本やっつけてお開きになったが、帰りの大船駅で駅なか「銀だこ」でプチ二次会。
例によって、元関西人2人が、外カリカリなんてタコ焼きちゃうやろ、なんて突っ込みながら、でも内心、結構おいしいな、なんて思いながら、角ハイを飲んだ(薄い!)。

持ち帰りは長い列、立ち飲み席も満席。
「こなもん(粉物)」、原価低いし、ゼッタイ儲けてるね。



12月7日、雨
最低気温、最高気温ともに5℃とか6℃とか。
横浜では未明に初雪だと言ってた。

午前中、1時間ちょっと散歩。
近くの公園のモミジも鮮やかになってきた。


三菱電機新入社員、社内発表会の直前に自殺(日経);『「(三菱電機は)極限まで追い込んで成果を出させる体質だった」と振り返った。研修時から怒鳴られ、配属後の職場は上司の「死ぬ気でやれ」といった怒声が延々と響き、社員の1割以上が精神疾患で休職した』 / 三菱電機、新入社員が自殺 「死ね」記したメモ残す(朝日);「2014年以降に、新入社員が自殺したり精神障害を発症したりしたケースが判明するのは、これで3人目」 




2019年12月7日土曜日

フランス全土でストライキ(ゼネスト) 年金改革の抗議デモに150万人 (AFP) 「新たな年金制度の下では退職年齢が遅くなり、 受給年金額が減ると懸念する交通機関の職員、航空管制官、 教職員、消防隊員、弁護士らが抗議ストに突入」

















12月ロイター企業調査:次期首相候補、石破氏支持が躍進 ; 「次期首相に望ましい人物」 今年7月調査 安倍氏と回答した企業は37% 今月調査16%に。難破船からの脱出が始まったようです。— 小池晃






慰安婦「兵70人に1人」と記述 外務省文書、軍関与を補強 - 共同通信 ; ”「娼妓と同様」「醜業を強いられ」と説明され、慰安婦を指している。専門家「軍と外務省が国家ぐるみで慰安婦を送り込んでいたことがはっきり分かる」”  ”河野談話が認定した「軍の関与」を補強する資料”   









終末期に入った安倍政権を揺さぶる分断と対立 首相の親衛隊チームと一般行政官僚チームとの間で高まる緊張関係(論座 牧原出 東京大学先端科学技術研究センター教授(政治学・行政学)) ; 「現政権にこそ、その最後を考える「人生会議」が必要なのである」













-------------------------




-------------------------










【ついに産経新聞まで菅官房長官にダメ出し】 「桜を見る会」菅氏の鉄壁答弁崩れ、危機管理に綻び(産経新聞)←「なんら問題ない」一辺倒の答弁のどこが鉄壁なんだ?(これを鉄壁と評価したのは産経くらいのもんだ) / 菅氏「説明責任果たしている」 ; 記者「あの、官僚の方の差し紙なしで、ご自分の声でお答えいただきたい。」 / 菅長官は同じフレーズを繰り返すだけのことも多く、記者から「質問と食い違っている」との指摘も / 答えが相当に迷走していて、かなりの混乱ぶりが読み取れます / ぐらつく菅長官、お助けメモ異例の11回 / 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!   



























2019年12月6日金曜日

消費落ち込み、前回増税より大きく 10月支出5.1%減:日本経済新聞

【家産官僚制 ; 官僚は法に基づいて仕事をする公務員ではなく安倍家の家臣、使用人】 森友、加計事件における公文書改ざん、虚偽答弁を見て、日本の官僚制は近代官僚制から家産官僚制に退化したと書いた。花見疑惑に関して、それは一層明白になった。官僚は法に基づいて仕事をする公務員ではなく安倍家の家臣、使用人。主君の悪事を隠ぺいするのが使用人の仕事。誇りも遵法精神もない。 — 山口二郎








「首相主催の「桜を見る会」を巡り、野党が求める安倍晋三首相出席の衆参両院予算委員会の集中審議には応じない。一問一答で首相が攻撃されるのを避け、早期幕引きを狙う」 / 野党は総理出席の予算委員会開催を求めていたが、予算委員長(自民党)は、総理が出席しない一般質疑を提案。 ところが自民党はそれすら拒否 / 予算委員会を開いて野党と対決したら首相は持ちこたえられない。ウソが破綻する。だから自民党は予算委員会の開催を拒否する。 これは、首相がクロであることをほとんど自供しているようなものではないか。 — 上丸洋一









(動画)日本の都市の人口推移(1873-2015) ; 近年の首都圏の人口集中が一目瞭然! それにしても大阪アカン!



2019年12月5日木曜日

鎌倉 鶴岡八幡宮(神池周辺と国宝館まえ)の紅葉 本格的紅葉にはまだ早い(見頃序盤) 2019-12-05

12月5日、晴れ
源氏山~海蔵寺のあと鶴岡八幡宮に向かった。
鎌倉 源氏山公園 頼朝像周辺の紅葉 海蔵寺は塩害のためかちょっと寂しい 釣鐘周辺の紅葉 2019-12-05

八幡宮の紅葉ポイントは神池周辺と国宝館まえ。
両方とも本格的紅葉にはまだ少し早いが、見頃序盤と言ってもいいかな。

▼柳原神池周辺



▼国宝館まえ




▼源氏池と平家池


鎌倉 源氏山公園 頼朝像周辺の紅葉 八重のサザンカ 海蔵寺は塩害のためかちょっと寂しい 釣鐘周辺の紅葉 2019-12-05

12月5日、はれ
今日は、鎌倉の源氏山公園から海蔵寺、寿福寺、鶴岡八幡宮を廻った。
総歩数は1万7千歩。

源氏山公園は久々(多分20年以上ぶり)に佐助側から銭洗弁天経由で入り、帰りは化粧坂から海蔵寺に向かった。
(浄智寺方面はまだ通行止めだった)

源氏山公園の頼朝像の背後にあるモミジはキレイに紅葉していた。
ただ、塩害の影響だろうか、傷んだものも多く見られた。

鶴岡八幡宮の紅葉はコチラ
鎌倉 鶴岡八幡宮(神池周辺と国宝館まえ)の紅葉 本格的紅葉にはまだ早い(見頃序盤) 2019-12-05






▼八重のサザンカ



▼なんとか無事だった

▼海蔵寺に向かう道
色付き始めた

▼釣鐘周辺の紅葉
ちょっと寂しい。
塩害なのかな、心配してたけど、ホントだったみたいだ。
山門前はもっと寂しい。



徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」「日韓対立は安倍政権に全責任」と断言する理由(リテラ); 外務省条約局国際協定課長、アジア局中国課長、イギリス国際戦略研究所研究員などを歴任した浅井基文氏 日韓請求権協定から14年後の国際人権規約批准で「解決済み」の結論は崩れている


トランプ氏、会見ドタキャン 「笑いもの」にされ激怒か / トランプ氏「カナダ首相には裏表ある」 NATO首脳に笑い種にされ(BBC) / 雑談が原因で、カナダと米国の間に亀裂が… / 首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国 ; NATO首脳会議のため英国に集まっていた各国首脳がトランプ米大統領を話題にして笑い合う様子をとらえた動画が拡散。ショックを受けたのか、トランプ氏は会見をキャンセルし帰国してしまいました。












【菅官房長官、子分を切って捨てる】 辞任2閣僚、説明責任果たさず 菅官房長官(時事); 菅義偉官房長官は、政治とカネの問題を疑われ辞任した菅原一秀前経済産業相と河井克行前法相が説明責任を果たしているかどうかの認識を問われ、「今までやっていない」と述べました / 疑惑報道後、国会欠席つづく 菅原・河井両前相と案里氏(朝日) / 自民・河井案里参院議員、国会欠席 「適応障害」の診断書提出(TBS)








賃金が上がらない国になった、日本を待ち受ける「修羅場」(野口悠紀雄 ダイヤモンド・オンライン);「大企業で非正規従業者が増えているからだ。「1人当たり賃金が上がらない」というこのメカニズムが、いまの日本経済で最大の問題だ。」

2019年12月4日水曜日

東京 小石川後楽園のモミジの紅葉が見頃 2019-12-04

12月4日、はれ
東京駅から皇居東御苑~北の丸公園まで歩いたが、まだ多少時間的余裕があったので小石川後楽園まで歩いた。

モミジの紅葉、見頃ですね。

いつも思うんだけど、正門前のモミジ(↓写真一番下)、地味にキレイ。








東京 北の丸公園のモミジの紅葉ピーク 2019-12-04

12月4日、はれ
久しぶりの北の丸公園。
モミジの紅葉が真っ盛りだった。

ここの雑木林、いいな。何時間いても飽きない。








▼雑木林
毎日変化するし、一日のうちでも時刻ごとに変化する。
彷徨するには、いまが一番いい時期だと思う。



▼中の池

▼武道館前のイチョウ

▼乾門前の北の丸公園入口