2017年2月27日月曜日

報道ステーション(2/27)。去年の3月16日、籠池理事長が上京して財務省の担当者と会った、という発言の動画を放送。その直後、購入が決まっている訳で国会に呼ぶ理由になるだろう。


(Youtube)五嶋みどりがバッハを弾いた夏・2012 ; バッハ「無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ」全6曲


五嶋みどりがバッハを弾いた夏・2012
世界に知られるバイオリニスト・五嶋みどり。 太宰府天満宮や中尊寺など“祈りの地”で、五嶋の優しい音色が響く。 バイオリン一丁を携えて世界を駆け巡る五嶋みどりが、2012年、プロデビューから30年を迎えた。 記念ツアーでの演奏曲目はJ・S・バッハ「無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ」全6曲。 「学校や病院での社会活動」「国連平和大使」などさまざまな顔を持つ五嶋みどりの、31年目への出発となる日本ツアーに同行。感動の演奏シーンに加え、貴重なロングインタビュー満載でお届けする音楽ドキュメンタリー。

『週刊朝日』が先週に続き森友学園問題の〝徹底追及〟。籠池理事長は同誌の取材に、首相の「面識はない」答弁をひっくり返している。「5年ぐらい前にPTAの紹介で知り合った。首相になる前で昭恵夫人と先に知り合って小学校の見学に来てもらい、住吉大社にもご一緒せせてもらった」こっちがリアル。

【2月27日夜の赤坂飯店】リークあって、聞いた話によると、いま、まさにこの現在、安倍は赤坂飯店に各社のキャップを呼んで、「森友のこと書くな」との圧力かけとる。 / 明日の朝刊で、今日の首相動静の背後を赤坂飯店と書いた新聞社を皆で徹底的に応援しよう。 — 菅野完 / 「内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談」を首相動静から検索 ; 今回は周期が短いです。はて?緊急に懇談しないといけないことでもあったのかな?




▼これか ↓ 露骨やな





















シカゴの黒人バレエ教師が、教え子の少女らにアゲアゲな曲で練習をさせてる動画

動顛した安倍晋三の支離滅裂な答弁(2/27);福島「理事長を訴えては?」 安倍「私は菅直人に完全勝利したんですよ!完全勝利ですよ!」 のくだりは意味わからなすぎて吹きそうになった。歴史に残る珍答弁だと思う。凄まじい動揺を感じる。 ← しかも、この「完全勝利」もウソのデッチ上げだし







確かに、この国の「司法」は菅直人の訴えを退けた。
ただ、
①安倍のデマはデマとして認めた。
→従って、アベ自身も自身のメルマガを削除している。

②当時はアベの野党時代。
野党の政治家の現職首相へのこの程度の批判(実はデマ)は、訴えを起こすほどの程度ではない、というのが今の「司法」の判断。

「完全勝利」なんてとんでもないウソ!



安倍晋三のその場しのぎの答弁 ; (2/17)「私の考え方に非常に共鳴してる方ですね。 先生の教育に対する熱意はすばらしいという話を聞いております。」→(1週間後の2/24)「教育者の姿勢としてはいかがなものかと思わざるを得ない。」→そして、2/27「この学校で行われている教育の詳細については全く承知していない」



衆院予算委(2/27)。民進福島「レッテル貼りレッテル貼りって総理は仰るけど、私は総理がホームページ削除をやったなんて言ってませんよ。自分で自分にレッテル貼りの、レッテル貼られじゃないですか、それ。そういうの被害妄想と言うんですよ。笑」 ← 安倍首相、また声荒らげる 昭恵夫人辞任で指摘に (日刊スポーツ)



▼そこじゃないんだけど・・・、アンタの場合は。

疑惑の森友学園、理事長が安倍首相に反論 「名誉校長就任は事前承諾だった」(BuzzFeed) ; 安倍の予算委員会での説明;「待合室で『名誉校長になってください』と頼まれて断ったが、その後、突然、籠池理事長から講演の場で紹介されて拍手され、『引き受けてもらわないと困ります』と言われて、最終的には受けることになった」


衆院予算委(2/27)。朝一番で山尾しおり議員に説教される安倍晋三。「総理、目をあけて頂きたいんですけど、よろしいでしょうか。眠ってないから大丈夫ということですが、議論するときは、やはり目と目をあわせることが大事、やっぱり目をパッチリあけて。・・・」 論点ズラしを批判されて、おまけにおバカ発言「私は立法府の長」を復習させられ、「一国の総理が、質問者の質問姿勢を攻撃することで、自らを防御するようなことは止めた方がいい」 / 共謀罪 金田VS民進党山尾しおり議員 総理目をあけて! 団体の限定無し ネット空間でも共謀成立 捜査機関によってプライバシー丸裸 @buu34 さんによるツダリ - Togetterまとめ














重大な「国家機密」が世界に晒された! ; ま、フツーに考えても、大阪のミョーなウヨクのオッサンに、ちょっと「しつこく」頼まれたことさえも断れなかった総理大臣が、どうしてトランプやプーチンや習近平と「対等に交渉」なんて出来ようか。「私は断れない人」だと安倍総理自ら世界に晒してしまったが、これ、重大な「国家機密」ではないか? — きむらとも

2017年2月26日日曜日

(Youtube)世界的ヴァイオリニスト五嶋みどりin長崎 ; 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV1001~1006から Midori Goto in Nagasaki


世界的ヴァイオリニスト五嶋みどりin長崎
世界を舞台に活躍するヴァイオリニスト五嶋みどり。デビュー30周年を迎え、全国の­寺社や教会などのコンサートを行うプロジェクトを敢行。長崎での模様をお伝えします。­」 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV1001~1006から Midori Goto in Nagasaki

僕はこの事件が安倍政権の「終わりの始まり」になると思っています。強権にへつらう人たちだけが選択的に受益できる仕組みがこの数年で日本のほとんどすべてのシステムに蔓延しました。いつのまにか性根の卑しいやつばかりが威張り散らす社会になった。 — 内田樹 / 希望的観測だが、この事件は、何をやっても許されてきた現政権が転げ落ちていくきっかけになる気がしてる。森友学園の園長の人格的な破綻が、いい感じで、現政権の思想的なヤバさを象徴してる。 — 平野啓一郎  






▼内田さんが言ってる『秋刀魚の味』のシーン
一年ほど前、録画でこの映画を見たんだけど、このシーン、すごく印象に残った。


重文《日光菩薩坐像》 重文《毘沙門天立像》 (東京国立博物館常設展示 2017-02-07)

重文《日光菩薩坐像》奈良時代8世紀
京都・金輪寺、京都・高山寺旧蔵
もと京都府亀岡市の金輪寺(きんりんじ)に安置されていた薬師三尊像だったが、のち交流があったとみられる京都市の高山寺に移された。
明治22年に両脇侍像が東京美術学校(現東京藝術大学)に収蔵され、うち日光菩薩像は当館に入り、広く親しまれてきた。


重文《毘沙門天立像》平安時代・応保2年1162頃
奈良、旧中川寺十輪院持仏堂所在、川端龍子氏寄贈


産休明けエリート女性公務員、午前5時に出勤 職場で死亡 韓国 (AFP) ; 「女性の死は、男性優位で過重労働がまん延している一方で出生率も上げなければならない社会の中で、働く女性たちが負わされている苛烈な重荷に目を向けるべきだと猛省する機運を韓国国内に呼び起こした」


【閲覧注意;全てゴヤの版画作品ですが一部に残虐な光景があります】 堀田善衛『ゴヤ』(114)「版画集『戦争の惨禍』」(2)「この老画家の、人間としての真の偉大さ - という言葉を私は敢て使いたいと思う ー は、人間のやらかす所業の一切に耐えて、現実としてのこの怪獣をあえて描き出し、なおかつ、これを如何にしてでも押しとどめようとする、無名の、足腰ともに逞しい女性をこの怪獣にとりつかせたところにあるであろう。」

第二群に分類されるものは、二〇番から二七番までで、これは戦闘のあと、その結果の悲惨を文字通りに抉り出している。傷ついた者に手当をし(二〇番)、担ぎ出し(二一番)、そうして死んでしまった者はその場に当分は放置せざるをえない (二二番)。・・・。この二二番、二三番の、積み上げられ、あるいはばらばらに散らされた屍の傍に投げ出されたサーベルの、その無機質な金属の、鋭い、人工的な角度が、屍の、どう仕様もなく無形態な形態と、まことにあらわな対比を示す。

かくて、この無機質なものの怖ろしさは、二六番の銃殺刑の図にいたって極まることになる。山の洞窟と思われる暗所に男女の一群が避難をしている。その一群に、光りの射し込んでいる入口から八本の銃剣がつきつけられている。一瞬後には、一斉射撃によってこの男女は屍と化すであろう。
一斉射撃による銃殺刑は、フランス軍の創意によるものであった。この金属製の、複数の銃剣と銃の、その鋭い人工的な角度は、そのままで”現代”の到来を示している。この複数の銃剣は、やがて機関銃となり、ロケットとなる。この二六番は、「見ていられない」と詞書されているが、それはむかしむかしの戦争の図などというものではなくて、われわれの現代そのものであろう。長く長く、われわれは「見ていられない」ものを見続けて来ている。
無機質の工業製品によって、つまりは顔のない暴力装置によって大量の人間が一度にまとめて殺される時代が到来する。われわれはゴヤの手によって、その時代の開始期に立ち合わされている。

二七番には、後景にゴヤ自身が悪魔のような面構えで登場して天の一角を睨みつけているのであるが、・・・。

ゴヤ『戦争の惨禍』20

ゴヤ『戦争の惨禍』21

ゴヤ『戦争の惨禍』22「最悪」1808-14

ゴヤ『戦争の惨禍』23

ゴヤ『戦争の惨禍』24

ゴヤ『戦争の惨禍』25

ゴヤ『戦争の惨禍』26「見ていられない」1808-14

ゴヤ『戦争の惨禍』27

二八、二九番の二枚は、いわば番外のようなものであって、マドリードの暴民によるベラレス侯爵惨殺の景である。・・・そうして、ここでゴヤのいわゆる”公平さ”と言われるものについて一言をしなければならないであろう。
戦争に公平も何もあるものかということになれば、何も言うことはないわけであるが、とりわけてフランス人の研究者たちは、敵味方双方の残虐行為をゴヤが”公平”に描き出しているということを強調し、そこから、たとえばスタンダールにおける、あるいはトルストイの戦場描写においての、敵味方にこだわらぬ”公平性”などと結びつける向きがある。
けれども私には、そういう言説は無用のものであろうと思われる。公平であろうがなかろうが、いずれは「血まみれな戦争の宿命的結果」なのである。
ゴヤ『戦争の惨禍』28

ゴヤ『戦争の惨禍』29

そうして三〇番の、怖るべき「戦争による被害」が来る。夜間、睡眠中の一家が砲弾の直撃を受けた結果の図である。
椅子は人々よりも高くはね上って何かにひっかかり、一人の女人もまた逆さに吊り下って死んでいる。
私は何もむげにピカソを否定しようとするものではないのだが、先の市民戦争においての、ナチ空軍によるゲルニカ無差別爆撃を悼みかつその怒りをぶっつけたピカソの『ゲルニカ』と、この一枚とをどうしても比較したくなる心持を自分に禁ずることが出来ない。
この一枚もまた、どこにも中心のない、画面のいずれの部分もすべて中心となりうる。その点でもゲルニカを連想させるものがあり、かかる悲惨に対して傑作ということばを寄せうる自分自身に、私は痛い自己嫌悪を覚える。

ゴヤ『戦争の惨禍』30「戦争による被害」1808-14

以上の二八、二九、三〇番を第三群とすれば、三一番から三九番までの、処刑、拷問、死体陵辱の図は第四群にあたり、それはもう「見ていられない」。

三一番の「これ以上何が出来るか」と詞書されたものは、仏兵によるゲリラの性器切断図である。スペイン・ゲリラもまた仏兵に対して頻繁にこれを行った。また現在でも、スペインの田舎に入って行って、市民戦争当時の話を、彼らの重い口から聞くとすると、共和国軍、フランコ軍とを問わずに、こういう残虐行為が行われたとの証言が、必ず最後には出て来るのである。

三三番は「これ以上何が出来るか」と詞書されているが、人間というげだものには、まだまだ出来ることがある。三九番がそれである。性器を切りとった上で、首と四肢をばらばらに切断して木の枝にぶら下げる! 「死体に対しての、何たる武勇ぞ!」という…・・。

三四番と三五番は、絞首刑の図であり、先のものは「ナイフを一本もっていたばかりに」と詞書され、後者は「何故か、誰も知らない」とされている。前者の、杭にしばりつけられて、咽喉に縄をまき、その縄を杭のうしろの煙い棒でまわして徐々に絞めて行く処刑法は、スペインに伝統的なものであった。

ゴヤ『戦争の惨禍』31

ゴヤ『戦争の惨禍』32

ゴヤ『戦争の惨禍』33「これ以上何が出来るか」1808-14

ゴヤ『戦争の惨禍』34「ナイフを一本もっていたばかりに」1808-14

ゴヤ『戦争の惨禍』35「何故か、誰も知らない」1808-14

ゴヤ『戦争の惨禍』36

ゴヤ『戦争の惨禍』37

ゴヤ『戦争の惨禍』38

ゴヤ『戦争の惨禍』39「死体に対しての、何たる武勇ぞ!」1808-14

ここまで書いて来て、私ももう気分が悪くなり嘔吐をもよおしかけているのであるが、この第四群と、四一番からはじまる第五群との中間に、一枚の怪獣図(四〇番)がはさみ込まれている。
この、豚と猪と虎の合いの子のような怪獣に一人の女性がとりついて、短剣で刺そうとし、剣先が口中に突き出ている。もはや耐えがたいまでに気特の悪くなっている私には、この怪獣でさえが、人間のやらかす所業に吐き気をもよおして、何かをゲーと吐き出しているかに見えて来る。
この怪獣は、最終的に(八一番)もう一度あらわれる。・・・
ゴヤにとってのこの怪獣は、すでに怪獣でも、怪でも獣でさえもなくて、それは現実それ自体である。そうして、この老画家の、人間としての真の偉大さ - という言葉を私は敢て使いたいと思う ー は、人間のやらかす所業の一切に耐えて、現実としてのこの怪獣をあえて描き出し、なおかつ、これを如何にしてでも押しとどめようとする、無名の、足腰ともに逞しい女性をこの怪獣にとりつかせたところにあるであろう

・・・ここにわれわれの老画家によってわれわれに差し出されているものは、すべてこれ”狂気の沙汰”と普通ならば言わなければならぬ事態であり、従って、この狂気の沙汰というものを含まぬ、あるいはそれを囲い込んで排除した、いわば理性一本槍の人間観というものは、人間観としては、人間世界にあって通行権を持たぬものだ、と画家によってわれわれは告げられているようである。

ゴヤ『戦争の惨禍』40「怪獣」1808-14




菊咲く庭で歌う瞽女(ごぜ)(ナショナル ジオグラフィック協会 写真資料室から );エリザ・シドモアが撮影し、ナショナルジオグラフィックに掲載された写真の中で印象的なものの一つが、立って三味線を弾きながら歌う着物姿の女性。ロック歌手の先駆けのような雰囲気だが、杖が彼女が盲目であることを伝えている。— Oguchi T/小口 高

甘太郎のコロワイド会長 「アホが何故会社にいる?」 社内報で社員を罵倒 — ハフィントンポスト日本版 ← 広報室は火消しに懸命とか


当該部分の概要は以下の通り。(一部省略)

コロワイドが、レインズを買収して5年。
未だに挨拶すら出来ない馬鹿が多すぎる。
お父さん、お母さんに躾すらされたことがないのだろう。
家庭が劣悪な条件で育ったのだろう。

個人的に張り倒した輩が何人もいる。

私が嫌いで、嫌悪感すら感じるのだろう。
そのアホが何故会社にいる?
辞めて転職したらいいのに。
所詮、コロワイドが買収した会社。

生殺与奪の権は、私が握っている。
さあ、今後どうする。
どう生きていく?アホ共よ。


「アホ」はどっちだ、と突っ込みたくなるけど、
この会社、トップがコレだから、その下やらそもまた下やらも、これを真似て、
パワハラ地獄になってんちゃうか。
ま、取り敢えず経営しているお店の名前だけは、しっかり覚えとこ。



イチロー、“定時で帰る”Tシャツで球場入り (ディーリー・スポーツ)

何かを誤魔化そうとしていることがバレてしまう三文芝居 ; 「しつこくて困った」 「私の考え方に大変賛同してくださっている」 の、どちらにせよ知らないはずがないのに、 「森……友…学園ですか?云々」ととぼける言い方の演技を入れようとすること自体、何かを誤魔化そうとしていることがバレてしまう三文芝居ではないかと強く感じてしまうのだが。 — 松尾 貴史

2017年2月25日土曜日

白旗神社(東戸塚駅近くの)の寒緋桜が咲いた 2017-02-25

2月25日 晴れ、暖かい。
朝、駅前まで買い物に出た際、白旗神社境内の寒緋桜が咲き始めたのを見つけた。
この寒緋桜はなかなかリッパなものだ。
メジロ・・・かと思ったら、ヒヨドリだったので、パスした。



「稲田は否だ!」 (2017.2.24 国会前街宣 プラカード)



今日は家族でステーキ・パーティ 2017-02-25

2月25日 はれ、暖かい。
今日は、ひょんなことでいいお肉が手に入ったので、長男家族も入れてステーキ・パーティ(ランチ)。
長男家族、お正月は車で移動だったが、今日は電車で移動だった。
なので、ワイン好きの長男はワインを持参、子守をしながら適度に飲んでいた。
次男はビールオンリー。
昼間から飲んで、またお腹いっぱい食べたので、晩ご飯は完全に抜きだった。
お風呂のあとの体重計、ヤバかった。



▼こんなお肉の塊、見たの初めてだ。

モハメド・アリ氏の息子、米空港で一時拘束 名前が「アラビア語的」 ; アリ家は、同様の聴取のためにどれだけ多くの人々が足止めされているのか突き止めたいと考えているとし、連邦裁判所への告訴も検討していると述べた。 / 「名前の由来は」「イスラム教徒か」などと聞かれた由。米国生まれで米国旅券を保有。


(動画 画像)第89回アカデミー賞を間近に控え、米大手芸能事務所UTAはビバリーヒルズ本社で開催予定だった毎年恒例の前祝いパーティを今年は止め、代わりに反トランプデモを開催。演壇にはジョディ・フォスター、マイケル・J・FOXなど芸能人がトランプを批判する演説を行った。








正長2/永享元(1429)年7月~12月 フランス王太子軍(ジャンヌ従軍)、トロワ~ランス入城 王太子シャルル、ランスで「聖別・戴冠の儀式」挙行し国王シャルル7世となる コンピエーニュ休戦協定(国王シャルル7世とブルゴーニュ使節団) 室町幕府(将軍義教)の親裁体制整備(管領弱体化) ジャンヌ、パリのサン・トレノ門攻撃戦で負傷 ジャンヌ、貴族の称号授与される

鎌倉 長谷寺 2017-02-15
*
正長2/永享元(1429)年
7月10日
・土御門内裏黒戸御所の造営は幕府の「沙汰」とされる(「建内記」同日条)。
*
7月10日
・仏、王太子軍、トロワの町に入城(トロワは、9年前に王太子の王位継承権を否定した協定が結ばれた町)。トロワは、イギリス・ブルゴーニュ派の強力な守備隊を擁するが、王太子の「破棄令」(特赦)を条件に降伏。
12日トロワ発。14日シャロン前面に到着、降伏。
この日、ジャンヌ・ダルク、トロアの壕に柴の束を投入れさせる。
10日~15日、ブルゴーニュ公フィリップ善良公、パリ滞在。
*
7月11日
・大和の争乱に関して、幕府は最初、大和武士の私戦という観測から、この争乱を放任する考えであった。南都伝奏万里小路時房は、護持僧三宝院満済と相談し、興福寺門跡へ宛てて、両当事者に対し兵乱に訴えず穏便に訴訟するよう教諭すべしという奉書を出した。
しかし管領畠山満家(兼河内守護)は、大和を自己の勢力下に置く好機と考え、断固たる武力介入を主張。豊田中坊の側には布留郷(現、天理市布留)の土一揆が加担しており、事件は拡大の一途を辿るかに見えた。
記録が8月より欠けているので、この時の騒動の結果は明らかでないが、挑発する者さえいれば、火がつき大火に及ぶ素地は充分にあった。
大和盆地には、勢力拡大の機を窺う群小土豪がひしめいていた。守護不設置という特殊な条件がそうさせた。
*
7月15日
・フス派討伐名目で集めた募金で徴収したイギリス軍騎兵・弓兵3500、カレー上陸、パリに向う。
*
7月16日
・王太子軍、ランスの町に入城。既に町に至る途上で、ランスの代表者が王大使に服従の意思表明。
*
7月17日(日曜日)
・ランス大聖堂、王太子シャルル、「聖別・戴冠の儀式」挙行。
王太子シャルル、ランス大司教ルニョーから国王塗油の秘蹟を受け正統のフランス国王シャルル7世であることを天下に宣明。ジャンヌはこれに立合う。
聖別式後、国王シャルルは、ジャンヌの望みにより故里ドンレミとグルーの両村の免税の特典を与える(住民はフランス革命までこの恩典を享受)。ジャンヌはここで父母と会う。
ブルゴーニュ使節団(ダヴィド・ド・ブリムー)、ランスでシャルル7世の顧問官団と協議(ランス大司教ルニョーはブルゴーニュとの交渉派)。15日間の休戦を締結、交換にパリ明渡しを約束。実際は、この休戦期間はイギリス軍体制固めの時間稼ぎ。

ジャンヌはパリ進撃を主張。
国王シャルル7世は寵臣ジョルジュ・ド・ラ・トレモイユ、ランス大司教ルニョー・ド・シャルトルの影響下から脱せず。この頃からジャンヌの主張に耳を傾けなくなる。
しかし、近隣諸都市(ソワッソン、ラン、シャトー・ティエリ、やや後にクレピー・アン・ヴァロア、ボーヴェー)が国王に服従。

国王シャルル7世の3つの欠陥:
「疑い深さ、移り気、そして嫉妬心」(年代記作者ジョルジュ・シャトラン)。
ジャンヌの栄光が自らを損なうのを恐れ、ブルゴーニュ公との和解という旧来の政策に固執。国王のパリ入城まで、この後8年を要する。

後、ジャンヌ復権裁判で、処刑裁判に参加した聖職者の多くが、シャルルの戴冠を助けた娘が異端者であることを糾弾して、シャルルの王位継承を否定するように仕組まれたと証言。
*
7月20日
・シャルル7世の一行、ランスをたって、北フランスを廻る
*
8月
・幕府、奉行人伺事規式4ヶ条を制定。
①結審の次第を守り出仕すべきこと、
②審議事項は3ヶ以内、
③伺の時剋、
④諸人訴訟については賦の日限を守り、次第奉行人が伺うべきこと、など。
また同月、「奉行人直請取訴状披露事」を定め、訴訟の受理機関である賦奉行に、直ちに訴状を請取り将軍家へ直接に披露することにする。管領の下部機関である賦奉行が将軍直属となる。管領の権限は大きく後退。
管領制の変質と地位低下は、法曹官僚としての奉行人体制の刷新整備と表裏の関係にあり、これらはいずれも将軍親裁=御前沙汰実施のための機構の改変である。
*
8月7日
・イギリス軍(ベドフォード)、サンリスの町方面に進撃、モンテピロワの村近くに布陣。
15日、サンリス近くで両軍対峙。戦闘は行われず、国王はクレピーの町に入り、ベッドフォード公はサンリスに戻る。
*
8月16日
・ランス大司教ルニョウ・ド・シャルトル、国王の使者と共にブルゴーニュ公フィリップ善良公と会見。フィリップの中立要請とフィリップの全ての要求に妥協。
*
8月17日
・国王軍、コンビエーヌ入城
*
8月18日
・ブルゴーニュ使節団、コンピエーニュでシャルル7世と協定文作成。北フランスに関して休戦成立
*
8月24日
・武衛斯波義淳、将軍足利義教より管領(第2次)に任じられる。
義教は将軍就任以降、奉行人組織を整備し親裁体制を確立、直轄軍たる奉公衆組織を強化して将軍への権力集中を進める。
義教が幕政・領国支配から孤立している義淳を管領に就けたのは、管領制弱体化を図るため。
守護代甲斐将久は、自分の主人の義淳を評し、管領の「器に非ず」と述べている(「満済准后日記」同年8月24日条)。この人事は義教の権力を強化させるものとなる。
*
8月25日
・仏、コンピエーニュ休戦協定成立。~1429年クリスマスまで。
対象地域はセーヌ川右岸の全都市・地域(パリは対象外)。ブルゴーニュ家使節団とヴァロワ王家代表団が、談合文書に交換署名。6年後の「アラスの和約」の予備条約。「モントローの謀殺」全面謝罪。
国王軍は、この間、パリ北方のヴァロワ地方に滞留。

休戦期間中のイギリス側の動き:
①イギリス国王摂政ベッドフォードとブルゴーニュ公との連携を密にする。
②ブルターニュ公、リッシュモン元帥の中立確保。
③スコットランドとフランスの同盟関係切離し。
*
8月26日
・ジャンヌとアランソン公の先発隊、パリ郊外サン・ドニに布陣。セーヌ左岸を攻撃すべく川に船橋を構築。
*
9月
・足利義教、富士遊覧。
*
9月5日
・「永享」に改元
*
9月7日
・シャルル7世、サン・ドニに到着。アランソン公は、サン・ドニに赴き、国王にパリ攻撃を説得するが、同意は得られず。
*
9月8日
・ジャンヌ・ダルクの軍、アランソン侯とパリ奪還のためにパリのサン・トレノ門への攻撃開始(現在のパリ中心部パレ・ロワイヤル広場)。
ジャンヌ、腿に矢傷を受け、従者レーモンは戦死。
国王命令で発砲中止、撤退しロワールに帰る。
国王シャルル7世はセーヌ川の船橋を破壊させる。
攻撃側は「伴ってきた女の形をした生き物の言葉に踊らされていた。これが何物かは神様が知っていよう」(「パリー市民の日記」国王反対派のパリ大学聖職者の日記)。
*
9月21日
・シャルル7世、ジアンで北征軍を解散、マン・シュール・イエーヴルの城に向う。
*
9月22日
・将軍義教、春日社参詣のため南都下向(「看聞御記」9月21日条)。
29日、将軍帰洛にあたり、興福寺や一条院・大乗院などの子院、国人・土豪らが約2千貫を献上(「大乗院日記目録」)。
将軍の南都巡礼は政治的意味のみならず、大和守護=興福寺との経済的取引。
*
9月24日
・楠木光正、捕縛。六条河原で処刑。
*
10月
・土岐持頼・仁木持長・一色義貫軍2万、北畠教具(7)追討のため伊勢に再度侵攻するが、土岐持頼は雲出川の手前で攻撃続行を拒否。
北畠教具と後見人の叔父・大河内(北畠)顕雅は三宝院満済・赤松満祐を介して降伏。
幕府は和議を了承、旧領の一志郡・飯高郡の安堵・小倉宮良泰親王の京都迎奉を条件とする。
*
・この頃、越智・十市ら大和南軍、蜂起。

・秋の頃、シャルル7世、南フランスの統制強化。
ブルゴーニュ候領との境界地域に、王権をしっかり植え付ける。ヌヴェールの北方ラ・シャリテ(ロワール川沿いの町)を攻める。
*
10月13日
・ブルゴーニュ公、ベッドフォードよりフランスにおけるイギリス国王代理の称号を受ける。
*
下旬
・シャルル・ダルブレ、ブーサック元帥の部隊、ジャンヌと共にサン・ピエール・ル・ムーティエの町を包囲、占領。
*
11月6日
・英ヘンリ6世(7)、ウエストミンスターで英王として戴冠。グロスタ公ハンフリーの「護国卿」職廃止。
*
12月
・ブルゴーニュ使節団、ロンドンでイングランド政府と対フランス作戦を協議。コンピエーニュ攻略の計画成る
*
・フランス国王軍、ルーアン近くのセーヌ川下流ルーヴィエの町とシャトー・ガイヤールを攻撃・占領。
この時期、アランソン公はノルマンディー遠征を提案するが叶わず。

・シャルル・ダルブレとジャンヌ、ペリネ・グレサール守備のラ・シャリテ・シュル・ロワールを攻撃、失敗。
後、ペリネ・グレサールはイギリス側よりノルマンディーに所領を与えられる。

・プロコプ指揮フス派遠征軍帰還、プラハで全フス派の会議開催、全フス派大遠征が計画。騎士3千5百、歩兵4万、戦車2千5百両。指揮は再びプロコプ。
遠征軍はドレスデン市・マイセン市を包囲、大砲が足りず落とすには至らず。
後、幾つかの部隊に分かれて進撃、ブランデンブルク辺境伯軍を追撃しながらその先々の都市を破壊、強掠。
ライプチヒで更に5部隊に分かれて進撃。アルテンブルク、ゲラ、ブラウエン、フランケン等を攻撃。
バンベルグ市の選帝候フリードリヒ・フォン・バンベルグは、市に対する遠征軍の攻撃を避ける為に「和平を金で買う」ことを申し出る。続いて、ジギスムントのドイツにおける本拠地の一つニュルンベルク市は、遠征軍の攻撃を避ける為に和平交渉を呼びかけ、遠征軍は応じる。
*
12月24日
・ジャンヌ、シャルル7世により貴族の称号を授与される。ジャンヌ一家も貴族に列し、公的記録では兄達は「ド・リュス」の称号をつけられる。
*
12月27日
・後花園天皇、即位。
*
*

森友学園のためか 大阪「私立小設置基準」緩和に重大疑義 ; 2012年に松井一郎知事の下、突然「借り入れありの幼稚園」も小学校参入ができるように「私立小学校設置基準」を改正。森友学園のために基準を緩和したのではないかと疑われています。 / 維新は、大阪府による森友学園の小学校設置認可の疑惑を追及すべき ・・・財務省批判ばかりしてると疑惑をもたれるだろう / ゴマ化そうとしたけど、上西議員が「松井府知事、また大嘘ですね」と / 国有地激安取得・森友学園と「維新」の癒着の証拠が次々と! 松井知事は開き直り、橋下は話のスリカエ(litera)    






▼ゴマ化してもすぐバレる大嘘。