2017年3月30日木曜日

渋谷駅ハチ公口まえ 枝垂れ桜がほぼ五分咲き ソメイヨシノは僅かに2輪開花 2017-03-30

3月30日、はれ。
渋谷駅ハチ公口まえの枝垂れ桜がほぼ五分咲き。
ソメイヨシノは僅かに二輪開花。
正午ころでもう既に日陰になっている。
枝垂れがどうのソメイヨシノがどうのと言ってるような人は、観察した限りゼロだった。



FAX回答、ゼロか満額か? : 辛坊次郎「明らかに役所は反応してる。ゼロ回答に一見みえるが実質満額回答。忖度が働いて満額回答になったのは間違いない。ただ、これに関して総理が責任を取るべきかというと、総理の最大の失敗はこういう人物と知り合いになったこと、奥さんを近づけたこと。連日国会で証人喚問とか追求する話じゃない」

「森友の幼稚園に侵入」「作業員を送り込んだ」【ネトウヨ首相】民進党 辻元攻撃でまた墓穴 当事者がことごとく否定(日刊ゲンダイ) / 籠池夫人「辻元さんが侵入してきたは全くのデタラメ。想像でメールを書いた。」 / 辻元清美の“スパイ”とされた作業員が関係を否定し安倍支持者であることを告白! 産経と安倍はデマ拡散の責任を取れ / 東京新聞:辻元氏バッシング 安倍首相が「デマ」に便乗 露骨な疑惑隠し? / <昭恵夫人寄付>首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ(毎日新聞) / 「同じことが御党の辻元さんとも起こってるじゃないですか。辻元議員にメールの中で書かれていたことが産経新聞に出てましたね。こを否定しているがこれも証明しないといけないことになる」 / 裏取りすれば簡単に事実無根と判明する情報を、あえて裏取りをせずに「ニセ疑惑」として特定のメディアが喧伝し、それを権力者が自己正当化のために利用する。事実無根でも拡散して流通させた者勝ち、の“オルタナティヴ・ファクト”の時代がやってきた事を感じ、戦慄する。  



















加計学園と安倍首相の深い関係を示す、一枚の写真を公開しよう 「40年来の仲」で「腹心の友」(伊藤博敏 現代ビジネス) ; 国会を揺るがす森友学園騒動を読み解くキーワードは、安倍晋三首相の「右派人脈」と家庭内野党である「昭恵夫人」である



疑獄を“役人の忖度”に矮小化 目に余る狡猾政権の印象操作 (日刊ゲンダイ) ; 「忖度ということは、明確な指示もないのに、首相の気持ちを推し量った役人が勝手に動いたということでしょう。そんなことがあるわけがない。・・・もし、忖度が間違っていたら首が飛ぶ。前例踏襲、保身第一の役人が、そんな危険なことをやるはずがないでしょう。安倍首相から、なんらかの意思表示があった。そう考えるのが自然です」


2017年3月29日水曜日

自宅近くの桜 ソメイヨシノ オオシマザクラ 2017-03-29

3月29日、曇りのち晴れ。
午後から青空が見え始めたので、自宅近くの桜の状況を見て廻った。
おおよそ6地点を廻ったところ、全てに何らかの桜が咲いていたが、ソメイヨシノはまだほんの咲き始めの状況だった。

尚、コヒガンザクラの立派な群生については既に記事にしている。
自宅近くのコヒガンザクラがたくさんの花をつけた 2017-03-28

▼ソメイヨシノ



▼オオシマザクラ(2ヶ所)



▼不明(ソメイヨシノかな?)

参院国交委(3/29)。玉木雄一郎「谷さん一人に責任をなすり付けている。政治家がやる事じゃないですよ」「FAXの送信時刻を見てくださいよ。勤務時間中だ。仕事でやったに決まってるじゃないですか」





自民議員“薬物逮捕”の衝撃情報 → (維新の天敵、上西議員によると・・・)「この自民党議員の事は誰でも知っていた。維新は小躍りして喜んだと思う。ところが自分達の党内でも起きていた事は知らなかった。」 → 「この薬物〝疑惑〟維新所属の現職議員です」と。




▼これか!

今週の女性週刊誌 ★週刊女性『昭恵さん、国会で反論したらどうですか?』 ★女性自身『昭恵夫人、姑「ケジメとれ!」ゴッドマザー洋子さん怒りの面罵』


衆院国交委(3/29)。清水ただし。大阪航空局が昨年3月14日に8.2億円のゴミ撤去費用を近畿財務局に報告した際の決裁者は、大阪航空局空港部補償課長であることが本日の質疑で判明。大阪航空局長と空港部長の決裁なし(高額な値引きを決裁する権限が課長にあった?)



参院本会議(3/29)。公明党の議員が発言中、世耕経産相が下を向いて、籠池理事長について書かれた週刊誌の記事のコピー(多分『FLASH』最新号の記事)を読んでるところをカメラで捉えてた


2017年3月28日火曜日

大船フラワーセンターの花々 敬翁桜(満開) 子福桜(咲き始め) 春めき(足柄桜)終盤 ソメイヨシノZERO ボケ 大寒桜 クロヤナギ つつじ シャクナゲ スノードロップ 2017-03-28

3月28日、はれ。
今年はソメイヨシノの開花がかなり遅い。
とはいうものの、自宅の近くのソメイヨシノはチラホラと開花が始まってきた。

ならば、大船の県立フラワーセンターならきっともう少し開花したソメイヨシノが観られるだろうと期待して、今日はフラワーセンターに行った。
ところがなんと! そこは開花ZEROという状況だった。
いやはや調子狂ってしまった。

園内はたっぷり春だった。

▼敬翁桜(満開)

▼子福桜(咲き始め)

▼春めき(足柄桜)
かなり散っている

▼春めき桜

▼ボケ

▼実生の大寒桜
大寒桜は寒緋桜と大島桜の雑種だそうで、この園で実生で育った大寒桜は寒緋桜の形質が強い、というような説明があった。
シロウト眼には寒緋桜そのものに見える。
まだ満開
たくさんのメジロがいた
▼クロヤナギ

▼つつじ&しゃくなげ



▼スノードロップ

お昼はラーメン壱六家大船店でネギラーメン塩味 2017-03-28

3月28日
今日は、大船の神奈川県立大船フラワーセンターに行ったので、入園前に、少し早めのお昼。
サッパリした薄味の美味しいダシだった。



自宅近くのコヒガンザクラがたくさんの花をつけた 2017-03-28

3月28日、はれ。
自宅近くのコヒガンザクラがたくさん花をつけてきた。
彼岸の入りの前日の16日に小さい花を数輪咲かせてから10日余りでこの状態に。
いま咲いている花が散ったあと、今度はいままだ咲いていない木に色の違った花をつけて、もう一度楽しませてくれる。



【HBO】昭恵夫人と秘書T氏双方を知るバー店主が激白。「上司に責任を押しつけられた、元首相夫人付秘書T氏のこと」 ; その彼女が、職責的にもお人柄的にも、安倍首相や昭恵夫人の指示や意向なしに、国有地払い下げに関われるわけがない。

参院決算委(3/28)。大門みきし。「我々が独自に入手した籠池からの手紙と付き合わせてみると、件のFAX回答はゼロ回答どころか、満額回答だ」(3分44秒) / ①定期借地契約、早く買い取ることはできないか→半年後の2016年6月に実現 ②賃料が高い、半額程度に→2016年の売買契約で月額227万が100万程度に ③工事費の立替え払いを早く→年度変わった途端に支払い 要望は全て実現してる。ゼロ回答どころか満額回答














政府、昭恵夫人に公用旅券 外遊同行、運賃請求せず (共同通信) ; 財務省、国土交通省、文部科学省に対する政治家からの不当な働き掛けは「一切なかった」と否定する答弁書も閣議決定


 政府は28日の閣議で、安倍晋三首相の外遊に同行する昭恵夫人に対し、公用旅券である外交旅券を発給しているとの答弁書を決定した。夫人は「首相の公務を補助する」ため政府の依頼で同行しており、政府専用機の運賃相当の使用料は徴収しておらず、専用機の使用許可申請も不要とした。

 首相夫人を巡り、政府は公人ではなく私人だとしている。

 これとは別に、大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げなどを巡り、財務省、国土交通省、文部科学省に対する政治家からの不当な働き掛けは「一切なかった」と否定する答弁書も閣議決定した。いずれも民進党の逢坂誠二氏の質問主意書に答えた。

稲田朋美 「オシャレが好きなダサい人!」 (女性自身4月4日号)

【書評】多胡吉郎著『生命の詩人・尹東柱』の書評が「東京・中日新聞」に掲載! 評者は嶋岡晨さんです。「尹東柱の生涯を―つまりは彼の思想を、詳細かつ執拗なデータ(ノート類や原稿下書きに及ぶ)の精確な確認作業によって検証し、真摯に再生」 / 【書評】多胡吉郎著『生命の詩人・尹東柱』の書評が「週刊読書人」にも掲載! 評者は細見和之さんです。「核に置かれているのが、まさしく尹東柱にとって「すべての死んでゆくもの」とはなにだったか、という問いである。」




モーニングショー(3/28)。谷FAX問題。安倍首相と親しい山口敬之氏「関わっていたら辞めるなんて言わなきゃよかった。野党がその気になってエンジンかけちゃった。軽率だった」と首相の「戦略ミス」を認める。 / いつもは安倍総理擁護の山口敬之氏も認めざるを得ない。よほど腹が立ったのだろうか、最後はキレまくる山口氏。







▼山口、おまえも沈没か!



2017年3月27日月曜日

3月27日(月)雪。まだまだ桜は咲かなさそうですが、雪が積もって満開の雪桜です^^これはこれで幻想的ですね! — みはる観光協会



▼東京にある滝桜の子供たちは・・・

ロバート秋山が様々なクリエイターに扮する「クリエイターズ・ファイル」初の大型展覧会をパルコミュージアムで開催 /  天才子役・上杉みちくんの登場だよ! ①【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#20】



天才子役・上杉みちくんの登場だよ! ①【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#20】
視聴回数 2,173,907 回



参院予算委(3/27)。風間直樹。「一連の総理夫人の行動に軽率な点があったとお考えではないか」 総理「これはまさに籠池氏の責任であって、まさに籠池氏がしっかりと責任を果たしていかなければならないと思っている」









3月の論壇誌は不寛容社会に対する論考が多かったと。熊谷晋一郎氏の指摘「現代社会は多様性を認めるようでいて着実に排除が進行し、同調圧力も強まっている」。一億総中流時代が終わり自分が用なしになる不安から「より弱い人や、自分のパイを奪うような他者を排除する方向に進みやすくなっている」。

参院予算委(3/27)。山本太郎「共同通信の世論調査、国有地問題の経緯に関し十分に説明しているとは思わないが82.5%。総理は一定の真相解明がなされたとお考えか?」 総理「政府として誠実に答弁している。ちなみに共同通信で内閣支持率は52%と承知している」

BBCニュース - メルケル独首相率いるCDU、試金石の地方選で勝利

参院予算委(3/27)。白眞勲。「谷さんの問い合わせは個人的な行為というなら、上司はFAXを見てないのか」 内閣審議官「FAX送付は当該職員の職務そのものではないので上司というものは存在しない」