2019年2月20日水曜日

北の丸公園の河津桜と寒桜 2019-02-20

2月20日、はれ
暖かい。
さすがに昼休み散歩時のコートはいらない。

北の丸公園の河津桜と寒桜。
寒桜はピークを越えているがまだ蕾も多い。
河津桜はまだちらほら咲き。今年は遅い。



SATOSHIさん(@satoshi5089)がシェアした投稿 -




毎勤統計、検討会結論は「総入れ替え方式」だったのに、最終回二日前に中江総理秘書官からの連絡で急きょ「部分入れ替え方式」採用にに。メールの証拠が。官邸からの横やりは明らか、おまけに阿部座長は蚊帳の外。 ← 焦った自民党は安倍晋三を筆頭に審議妨害    




関連記事
審議妨害する自民党 ; 長妻昭議員の質問中、激しいヤジで中断だらけ…。「やめて下さいよ石崎さん…なんでこんなに私の質問で後ろからガンガンガンガン言われなければいけないんですか」と長妻議員。「総理もずっとヤジを…」と言われた安倍晋三、ニヤニヤヘラヘラ手をひらひらと



審議妨害する自民党 ; 長妻昭議員の質問中、激しいヤジで中断だらけ…。「やめて下さいよ石崎さん…なんでこんなに私の質問で後ろからガンガンガンガン言われなければいけないんですか」と長妻議員。「総理もずっとヤジを…」と言われた安倍晋三、ニヤニヤヘラヘラ手をひらひらと    













2019年2月19日火曜日

(動画)小川淳也 「400万人近く雇用が増えたと言うが、うち3割以上が65歳以上のお年寄り。5割近くが現役世代の女性、2割が高校生や大学生。景気が良くなったからという単純な話でいいのか。 14年から16年、3年連続で民間消費が落ち込んだのは戦後初。実際には戦後最大級の消費不況」



----------------

日銀、統計不正に加担か。黒田総裁が「調査手法見直し」を先導していた事実が判明=今市太郎 | マネーボイス






逢坂誠二 「今の質疑は全国に生中継で流れていると思います、…単純な質問聞いただけ、…本質に関係ない話をダラダラ…聞いた事には答えない…国会審議 中身が深まらない…これは悪夢ですよ悪夢、…これが現実ですよ、…一体どうなってるんだ…」




伊藤惇夫「数字は嘘をつかないが嘘つきは数字を使う」 / 高橋千鶴子「数字で嘘をつくことはできる」


安倍晋三の憲法改正必要根拠はコレ → お父さん、自衛隊って違憲なの?【情緒的に話を盛った自衛官息子の目に涙】確認した限り、織田氏は安倍が強調する「息子が涙を浮かべた」と語っていない 何となく「自衛隊がかわいそう」というムードを醸造し悲願の改憲に結びつける。一般人ならまだしも、権力者には許されないウソだ(日刊ゲンダイ)


安倍首相「次の総裁候補は岸田氏」 野田氏「私もいる」(朝日); 岸田総理、安倍副総理(上皇)であと5年やりますと。....「見た目だけリベラル」の岸田に改憲やらせる方向に








2019年2月18日月曜日

竹橋脇のスイセン 北の丸公園のカワヅザクラ 靖国神社のツバキ 2019-02-18

2月18日、はれ
今日は一日中晴れて暖かかった。
朝の出勤時、竹橋脇の水仙を撮ったら、意外にマズマズの出来だった。
夜、インスタに揚げたら「イイネ」のスピードが速かった。

北の丸公園のカワヅザクラ、少しだけど数を増やしてきた。

お昼休み、早足で靖国神社まで出かけた。
椿と梅がお目当てだったけど、ま、空振りだったかな。

但し、今日の歩数は1万2千歩で、2月の累計平均も1万歩/日を越えるという成果はあった。



SATOSHIさん(@satoshi5089)がシェアした投稿 -




View this post on Instagram

2019-02-18 #靖国神社 #椿 #ツバキ

SATOSHIさん(@satoshi5089)がシェアした投稿 -




大串議員 「実質賃金じゃない数値を縷々挙げてしゃべられる。だから国民の皆さんはこの人何かおかしなこと言ってるなと」  ヤジ → 安倍首相「選挙5回勝ってる(このヤジ、本日2回目)」 大串議員 「総理の品格を問うなと」 /  安倍首相が統計不正を追及に「選挙5回勝ってる」と逆ギレヤジ! 選挙に勝てば何やってもいいという本音が 






日銀「爆買い」に限界論 ETFに含み損リスク(日経新聞); 日経平均株価が1万8400円前後に下がると日銀の含み益は吹き飛ぶ。1万7700円前後まで下がれば赤字に陥る可能性。株価を下支えする日本株購入は含み損リスクをはらんでいます


安倍晋三「終わってんだよ。12時に終わってんだよ、長妻さん」というヤジがマイクに拾われてる。自分はいつも委員長に注意されながらだらだらと答弁してるのに..... / 衆院予算委で、立憲民主党の長妻昭代表代行の質問中、時間切れであることをアピールする安倍晋三首相 / 統計不正を追及する大串博志議員(立憲)に対し、安倍首相が自席から「選挙5回勝ってる」と不規則発言     







------------------------



今一度「宮崎・早野論文」の誤りを正す ――なぜ彼らは私の批判論文に答えようとしないのか―― (藍原寛子) 高エネルギー加速器研究機構の黒川眞一・名誉教授に聞く






青木理さん 「言論の自由って(安倍)首相は結構そういうこと仰るんですけれど、言論の自由は権力や強者に対して 市民が自由にものを言える権利のことであって、最高権力者である首相が言うのは『大いなる勘違い』。首相なら、それなりの品性を保っていただきたい。」 2.17サンデーモーニング


小川淳也議員「もしこの国の総理大臣が、いい数値をもってきたら、『いい数字はもういいから。……どこかに悪い数字はないのか。そこで困ってる国民はいないか。そこに社会の矛盾が埋もれてないか』というような総理大臣だったら。そもそもこんな数値論争は起きていないのではないか」 / 「自分の政策の、あたかも全てが、効果であるように喧伝し、統計のルールを変えたことの説明も不十分。そういう総理の姿勢である限り、国民は救われないし、正しい経済政策はうたれませんよ」   









-------------------------


---------------------------------










「何を言うてますか。大丈夫ですよ」(フォークシンガー中川五郎さん 弁護士の藤田一良さんからの言葉)『朝日新聞』2019-02-14 ;「逃げられない被告として国や権力と向き合った。その経験が糧となり変節もせず、これまで歌い続けてこられたと思います」   


2019年2月17日日曜日

鎌倉散歩 大巧寺、本覚寺、若宮大路、由比ガ浜 河津桜と玉縄桜 2019-02-17

2月17日、曇のち晴
暖かい。
午後から鎌倉散歩。
駅周辺の大巧寺、本覚寺、若宮大路、市役所前などで梅や桜(河津桜、玉縄桜)を観て、由比ガ浜に出た。
本覚寺の河津桜はほんのちょっと開花。オフにかなり剪定されたようで、全体に枝が寂しい。
若宮大路の玉縄桜、二の鳥居前のところが開花中(写真は割愛)

由比ガ浜、いつもと同じ。人出も多かった。
海はいいなあ。

今日の歩数1万3千歩。そこそこいい。








SATOSHIさん(@satoshi5089)がシェアした投稿 -

(動画)拉致被害者の田中実さん生存情報が、4年前に北朝鮮から日本政府へ通知があったにも関わらず政府は無視、隠蔽していた件。2018年11月に立憲民主党の有田議員が追求していますが、安倍総理はしどろもどろで終始誤魔化してます。














賃金の下振れ回避か 厚労省、毎月勤労統計の手法変更(日経新聞); 不正調査のあった毎月勤労統計に新たな問題が浮上している。2018年に実施した調査対象の入れ替えで、厚生労働省が主導する形で賃金が大きく出やすい手法が採用されていたことが15日に分かったためだ。..... / [社説]統計をもっと大事に公正に扱おう:日本経済新聞     






オーストリア首相、ヒロシマへ(TBS); オーストリア首相が広島を訪問し核兵器禁止条約の批准を訴えたことがニュースに。禁止条約は現在署名70カ国、批准21カ国。日本政府は背を向けたままですが、自治体では全国359自治体で署名・批准を求める意見書が採択。— 志位和夫




閣僚や日銀総裁から批判→見直し開始 賃金の統計調査(朝日);「賃金の動向を示す「毎月勤労統計」の調査手法について、2015年11月の経済財政諮問会議で閣僚らが変更を促していたことがわかった。」 「賃金指数が民主党政権時代を『下回る』ことになり、諮問会議でやり玉に。黒田日銀総裁や麻生財務相らが統計に言及、安倍首相に近い伊藤元重・東大大学院教授は『経済社会の現状をより客観的に映し出すよう改善を』と促した。これに高市総務相や甘利経済再生相が呼応した」     





2019年2月16日土曜日

自宅近くの公園の河津桜 大船駅前の玉縄桜 大船フラワーセンターの梅、菜の花など 2019--02-16

2月16日、曇りのち晴れのち曇り
久しぶりに晴れ間が出た。
自宅近くの梅や桜(河津桜)を観ながら、大船フラワーセンターに行った。
大船駅前の玉縄桜が開花した。

今日の歩数は1万6千歩。2月の累計平均で9,902歩/日と大幅に改善した。もうちょいだ。

▼自宅近くの公園の河津桜

▼大船駅前の玉縄桜


SATOSHIさん(@satoshi5089)がシェアした投稿 -

▼以下、大船フラワーセンター






安倍晋三「あなたたちも政権とりたいならアメリカに敬意を払うべき」と反論 / ノーベル賞「推薦」が波紋 安倍首相に批判、疑問の声 / 安倍晋三「コメントは控えたい」 / 玉川「スネ夫が裏でおべんちゃら言っていたのをジャイアンにばらされた」 / 報道特集(2/16) 金平キャスター「国家非常事態宣言とは穏やかではありませんがそのトランプ大統領を安倍首相がノーベル平和賞候補に推薦したそうです。推薦状には、日本を代表して謹んであなたを推薦しますとあったそうですが、そのようなことを安倍首相に頼んだ覚えは皆さんにはおありでしょうか」 / どうでもいいけど.....らしい → トランプ氏をノーベル賞に推して…米国が安倍首相に依頼(朝日)































「檻」を破れるか(窪島誠一郎) (『朝日新聞』うたをよむ2019-02-10)


(YouTube) 『たやすく書かれた詩/쉽게 씌어진 시 (윤동주 다큐멘터리)』 ; 韓国の国民詩人である「青年、尹東柱」の足跡をたどり、70年後の韓国人の留学生である後輩が製作したドキュメンタリー映画

今日、2月16日は昭和20年に27歳という若さで福岡刑務所において獄死した韓国人詩人尹東柱の命日。
先日、Eテレで「詩人 尹東柱を読み継ぐ人びと」という番組があった。
また、命日のこの頃、同志社大学、立教大学でも毎年、尹東柱に関する催しが開催されているようだ。

今日、偶然、立教大学の韓国人留学生が制作したというドキュメンタリーをYouTubeで見つけた。分かりやすくていい映画だった。
尹東柱が京都で住んでいたアパートの跡地(北白川)に京都造形大があるんだと知った。この辺りは、母が入院していた病院が近く、よく散歩したところだ。









-----------------------------------------------
《黙翁日録》の尹東柱に関連する記事

隣国語の森  (茨木のり子) ; 若い詩人尹東柱 / 一九四五年二月 福岡刑務所で獄死 / それがあなたたちにとっての光復節 / わたくしたちにとっては降伏節の / 八月十五日をさかのぼる僅か半年前であったとは

1945年(昭和20年)2月16日、福岡刑務所で韓国の詩人尹東柱(ユンドンジュ)が獄死した / 早世の詩人尹東柱と同志社 (『朝日新聞』) / 獄死した尹東柱(ユン・ドンジュ) その詩と治安維持法 (山本宗補の雑記帳) / 獄死の韓国詩人、尹東柱しのぶ 同志社大で没後70年式典 (京都新聞)

詩人茨木のり子の年譜(9) 1982(昭和57)56歳 第六詩集『寸志』 1983年 『現代の詩人7 茨木のり子』 ~ 1986(昭61)60歳 『ハングルへの旅』(朝日新聞社) ~ 1989(平1)63歳

【書評】多胡吉郎著『生命の詩人・尹東柱』の書評が「東京・中日新聞」に掲載! 評者は嶋岡晨さんです。「尹東柱の生涯を―つまりは彼の思想を、詳細かつ執拗なデータ(ノート類や原稿下書きに及ぶ)の精確な確認作業によって検証し、真摯に再生」 / 【書評】多胡吉郎著『生命の詩人・尹東柱』の書評が「週刊読書人」にも掲載! 評者は細見和之さんです。「核に置かれているのが、まさしく尹東柱にとって「すべての死んでゆくもの」とはなにだったか、という問いである。」

読んだ本/読んでる本 ; 多胡吉郎『生命の詩人・尹東柱 『空と風と星と詩』誕生の秘蹟』(影書房) / 宋友恵著・会沢革訳『空と風と星の詩人 尹東柱評伝』(藤原書店) / 清水潔『「南京事件」を調査せよ』

韓国詩人ユンドンジュ (京都新聞) : 「特定の秘密を保護する」という名分の法が成立した今こそ、尹東柱の非業の死を胸に刻みたい。きょう16日は命日にあたる。



2019年2月15日金曜日

東京国立近代美術館で贅沢なお昼休みのひとときを過ごす 2019-02-15

2月15日、くもり
このところ曇り空で寒い日が続く。
今日はお昼前後に小雪がチラついたようだ。

お昼休み、1月29日から展示更新されている近代美術館の収蔵展(MOMATコレクション展)に行った。もう何年も通ってるし、コレクション展も何度も行ってるので馴染みの作品が多い。
松本竣介とか寺田政明とか麻生三郎とか、いいなあ。
(黙翁版「若き画家たちの群像」の登場人物たちだ)
子規と漱石の友人、中村不折の絵、はじめてじっくり観た。
石垣栄太郎、石垣綾子さんの夫にしてスペイン市民戦争に従軍して戦死したジャック白井の仲間だった(ハズ)。

おっと、今日、誕生日だった。



萬鉄五郎《太陽の麦畑》大正2年頃

松本竣介《並木道》昭和18年

アンリ・マティス《ルネ、緑のハーモニー》大正12年

中村不折《たそがれ》大正5年

石垣栄太郎《腕》昭和4年

寺田政明《魔術の創造》昭和13年

麻生三郎《自画像》昭和12年

棟方志功《二菩薩釈迦十大弟子》昭和15年