2017年1月17日火曜日

東京 北の丸公園 ウメ、マンサクは開花中 カワヅザクラはあと少し(一週間以内)で開花する模様 2017-01-17

1月17日の北の丸公園。

カワヅザクラはまだ開花せず。
一週間以内には開花するんじゃないかと思われる。

ウメ、マンサクは順調に開花中。

国立公文書館の企画展『漂流ものがたり』に立ち寄ったが、これは別記事にて。






▼千鳥ヶ淵で「かいぼり」実施中
何が出てきたのか発表されたんだろうか。
井の頭公園みたいにたくさんの自転車とか(それはないか)。

今日のお昼は赤坂飯店(竹橋)のチャーシュー麺 2017-01-17

そろそろ目先を変えなければ・・・。
この辺りに来るといつも赤坂飯店の担々麺だもの。

というわけ(?)で、今日は、お店は赤坂飯店だが、注文はチャーシュー麺。
チャーシュー入り過ぎ!
無理やり千円に合わせるためにやってるんじゃないか?と突っ込みたくなる。
麺よし、スープよし。


東京 皇居東御苑 カンザクラとメジロ ロウバイ(咲き始め) 梅林坂のウメとメジロ カワヅザクラとマンサクはまだ 2017-01-17

1月17日、晴れ。寒波まだ去らずだけど昼間は暖かい。

今日は皇居~北の丸公園に出かけた。

昨日、鎌倉からの帰りに、自宅近くのカワヅザクラを見に行ったところ、
もうちらほら咲きだったので、うまく行けば、皇居・北の丸公園のカワヅザクラも今日あたりに開花か・・・、などと希望的観測を持って行ったが・・・、
残念ながらまだであった。

東京 北の丸公園 ウメ、マンサクは開花中 カワヅザクラはあと少し(一週間以内)で開花する模様 2017-01-17

しかも、悲報!、この辺りではもう一ヶ所、平川門前の丸紅ビル前にカワヅザクラがあり、
これも楽しみにしていたのに、ビルの建て替え工事のジャマになるので(?)、伐採されてしまったらしい。
現況は塀に囲まれて確認できないが、平川門で立哨のお巡りさん(皇宮警察官)に聞いたところ、
我々も、伐っちゃうのかなあなんて話したんですよね、そしたら本当に伐っちゃいましたね、と言っていた。
何とかならんかったのか。

というわけで、皇居のカワヅザクラはまだダメ(蕾固し)。
それと、マンサクがまだだった。

▼カンザクラ
五分咲きくらいで、メジロが食事中だった。
ゆっくりメジロと格闘したいところではあるが、まだ行きたいところがいっぱいあるので、ここは早々に切り上げた。




▼シソンロウバイ
まだ咲き始め
いつもいつもお見事です


▼ロウバイ

▼梅林坂
四~五本くらいの木が五分咲き。
順調なところか。
ここでもメジロが食事中。






「マーティン・ルーサー・キングの日」のジョン・ルイス演説「絶対にあきらめるな。ひれ伏すな。立ち上がれ。ものを言え」 (動画) / 「トランプ氏の大統領就任式に参加しない」 キング牧師と共闘したジョン・ルイス議員 / トランプ氏、公民権運動の闘士を攻撃 非難集中(複数の政治家や著名人、ソーシャルメディアの利用者が、トランプ氏を非難している)







鎌倉 鶴岡八幡宮、大巧寺、本覚寺の梅 開花中 東戸塚駅近く 白旗神社のしだれ梅 開花中 2017-01-16

1月16日の鎌倉
最後に廻ったのが、鶴岡八幡宮、大巧寺、本覚寺。
夫々、少しだけれど、梅が開花中。

▼鶴岡八幡宮


▼境内にある、元神奈川県立美術館
(鶴岡八幡宮に無償譲渡された)

▼大巧寺


▼本覚寺


▼(番外)
わが最寄駅、東戸塚駅近く、白旗神社のしだれ梅、開花中

鎌倉 東慶寺の梅はまだまだ 梅少々 十月桜終盤 蝋梅ピーク(?) ボケ(そろそろ見頃) 2017-01-16

鎌倉 鎌倉宮 満開のカワヅザクラとメジロ 2017-01-16




アメリカが排除するのは誰か トランプを告発するケイティ・ペリーの驚きの動画(BuzzFeed)  ; 日系人強制収容とイスラム教徒データベース化の恐るべき類似点

2017年1月16日月曜日

鎌倉 荏柄天神 紅梅が開花している 向かって、右に紅梅 左に白梅 2017-01-16

1月16日、鎌倉、荏柄天神
紅梅が開花している。

受験シーズンということで、お参りの方も多い。





天神さんの近くにあった蝋梅(シソン蝋梅)


鎌倉 東慶寺の梅はまだまだ 梅少々 十月桜終盤 蝋梅ピーク(?) ボケ(そろそろ見頃) 2017-01-16

今日のお昼は、コメダ珈琲@鎌倉小町通り 2017-01-16

鎌倉 鎌倉宮 満開のカワヅザクラとメジロ 2017-01-16






1月15日の雪の京都の写真まとめ、すごくいい → 京都雪景色 東山から金閣寺・下鴨神社 - Togetterまとめ ; 清水寺から八坂の塔、産寧坂・二年坂、八坂神社、円山公園、知恩院。平安神宮から蹴上、南禅寺、法然院、銀閣寺。そして金閣寺・下鴨神社

鎌倉 鎌倉宮 満開のカワヅザクラとメジロ 2017-01-16

1月16日、鎌倉宮にて。
満開のカワヅザクラとメジロ。

鎌倉宮のカワヅザクラは早咲きで有名。
今シーズンも昨年末には開花していて、いま満開。
このメジロ、全く警戒心なく、
すぐ手の届きそうなところで食事している。








鎌倉 東慶寺の梅はまだまだ 梅少々 十月桜終盤 蝋梅ピーク(?) ボケ(そろそろ見頃) 2017-01-16

今日のお昼は、コメダ珈琲@鎌倉小町通り 2017-01-16

鎌倉 荏柄天神 紅梅が開花している 向かって、右に紅梅 左に白梅 2017-01-16

鎌倉 鶴岡八幡宮、大巧寺、本覚寺の梅 開花中 東戸塚駅近く 白旗神社のしだれ梅 開花中 2017-01-16




今日のお昼は、コメダ珈琲@鎌倉小町通り 2017-01-16

ミックスサンド、さすがデカい。
これが愛知スタンダードか。
イイネ!

Women's March - Tokyo 日時 1/20(金)18時半~ 場所 日比谷公園 ワシントンで1/21に行なわれるトランプ的なものへの抗議を兼ねた行進の日本版みたい。

鎌倉 東慶寺の梅はまだまだ 梅少々 十月桜終盤 蝋梅ピーク(?) ボケ(そろそろ見頃) 2017-01-16

1月16日、晴れ一時曇り
寒波がまだ居座っているようだが、陽射しのあるうちは暖かい。
特に予定してなかったけど、急に思い立って鎌倉に出かけた。

東慶寺の梅をお目当てに出かけた。
今年は全体に早めの開花の様子だと予想していたが、
東慶寺に関しては予想は見事にハズレ。

梅、この感じじゃまだ2~3週間かかるんじゃないかな。

今あるのは、梅少々、十月桜終盤、蝋梅ピーク(かな?)、ボケ。

いつもなら鎌倉まで歩くんだけど、
東慶寺はやや空振りっぽいので、
気を取り直して、電車で鎌倉に移動して、
鎌倉宮~荏柄天神~鶴岡八幡宮~大巧寺~本覚寺
と廻った。
(別記事にて)

今日のお昼は、コメダ珈琲@鎌倉小町通り 2017-01-16

鎌倉 鎌倉宮 満開のカワヅザクラとメジロ 2017-01-16

鎌倉 荏柄天神 紅梅が開花している 向かって、右に紅梅 左に白梅 2017-01-16

鎌倉 鶴岡八幡宮、大巧寺、本覚寺の梅 開花中 東戸塚駅近く 白旗神社のしだれ梅 開花中 2017-01-16










2017年1月15日日曜日

横浜美術館コレクション展2016年度第3期 [写真]全館展示 2017-01-11 (その2) 作家・文筆家たち 《志賀直哉》 《長谷川如是閑》 《泉鏡花と里見弴》 《坂口安吾》 《永井荷風》 《松本清張》 《司馬遼太郎》

木村伊兵衛(1901-74)《志賀直哉》1937昭和12
『暗夜行路』完結の年

木村伊兵衛(1901-74)《長谷川如是閑》1933昭和8
前年の昭和7年に『日本ファシズム批判』を出版(発禁)

木村伊兵衛(1901-74)《泉鏡花と里見弴》1938昭和13

林忠彦(1918-90)《坂口安吾》1947昭和22

木村伊兵衛(1901-74)《永井荷風》1954昭和29

戦後、エロ爺と化した荷風散人、この年74歳

恩師森鴎外の33回忌として、団子坂観潮楼跡に荷風揮毫による『沙羅の木』の碑文が建てられる。記念館造営のため5万円を寄付。

1月には、日本芸術院会員に選ばれる。
一方で、相変わらず浅草へ通い、フランスやアメリカの映画を繁く見ている。

「戻ってきたバッグと無心状の山」のエピソード
4月25日、相磯凌霜氏と有楽町で夕食をして、帰りの電車内でバッグを網棚の上に置いたが、それをスリにやられた。しかし、スリは、現金が入っていないので、そのバッグを船橋駅のホームで捨ててしまった。そして、アメリカ人の軍曹がそのバッグを拾った。警察に届け出て調べてもらったら、有名な文豪の持ち物だと判明。「そんなエライ作家なら自分が直接に返却したい」と警察には預けず持ち去った。

中身は、1千万円の定期預金、約1千万円の普通預金の通帳、額面50万円の文化功労年金通帳、小切手など。
なくしたのに気づいた荷風は新小岩駅に届け、併せて取引銀行にも無効届けを出した。幸い印鑑は家に置いていて無事だった。
無効届けの出た預金通帳はただの紙切れにすぎないから、それを拾ってくれた人に礼金を支払う「法律的」義務はなかったが、荷風は2日後に木更津の基地に出かけてゆき、届けてくれたアメリカ兵に5千円の謝礼金を渡した。

このことが新聞に報道されるや・・・。
通帳の額面2千万円に対して礼金5千円はあまりに少なすぎる。荷風はケチだという風聞。不当な非難に荷風は憤慨したが、もっと驚いた事態が発生した。
「そんなにお金持ちなら、少しお恵みを」という無心の手紙や葉書が全国から舞い込んできた。
荷風の人間嫌いはそれでいっそう亢進した。


秋山庄太郎(1920-2003)《松本清張》1974昭和49

秋山庄太郎(1920-2003)《司馬遼太郎》1975昭和50

横浜美術館コレクション展2016年度第3期 [写真]全館展示 2017-01-11 (その1)女優さんたち